交通量調査の派遣の仕事

私は派遣の仕事で交通量調査の仕事をしたことがあります。拘束時間は約12時間と長かったのですが、2時間作業をしては1時間休んでの繰り返しなので、慣れてくればそんなにきついと感じることもなく、楽しく仕事をすることができました。ただ椅子に座って走行してくる車の数を、トラックや普通の車などの種類に分けてカウントするだけなので単純ですし、とても楽しくすることができました。

私の場合は、1人で座ってするのではなく、5人程で並んでみんなでカウントしていたので、その時に仲良くなった人と色々楽しく話しながら作業できて、時間が経つのもアッという間でした。2時間作業をする毎に1時間ずつ休憩があるため、この1時間で近くのショッピングモールへ買い物に出かけたり、コンビニで立ち読みをしたり、美味しいものを食べに行ったりと時間も有効に使うことができて、とても楽しかったです。

道行く人からは「大変ですね」「お疲れさまです」というような言葉をかけてもらったり、どうぞと言って食べ物や飲み物を差し入れしてもらったりしました。ただ座って車の数を数えているだけなのに、人の優しさや温かさにも触れることができて、とても良い仕事でした。また、私は免許も持っておらず、車に関しては全くの無知といってもいいほどだったのですが、この仕事をしたことによって、ナンバープレートの色の違いなどで車の種類が違うということも分かりましたし、仕事自体も最初の2時間で慣れ、あとは隣の人と話しながらでも間違えることなくパッパとカウントできるまでになりました。

私はもともと人と接することが苦手で、人と話したりするのも億劫になるくらいだったのですが、こうやって2時間ずつでも人と並んで仕事をすることにより、人と話をするのも良いものだなと思えて、とても良い経験になりました。最初に、この交通量調査の仕事の募集を見た時は、朝も早いし拘束時間も長いしどうしようかと迷ったのですが、思い切ってやってみて本当に良かったと思っています。給料も日払いで日給1万円もらえたので、本当に文句なしの仕事でした。冬の寒い時期に行ったということもあって、2時間ずつのこの2時間が結構寒くて仕方がなかったのですが、隣の人とのおしゃべりや、通行人の方たちの励ましで寒さも耐えることができました。

この交通量調査が行われた場所も私の家からはかなり距離があったため、現地集合ではなく一旦近くの駅でみんなで待ち合わせをしてから、そこから会社の人の車で目的の場所まで送ってもらい、仕事をしました。帰りももちろん駅まで送ってもらえたので、車の中では行きも帰りも睡眠をとることができ、至れり尽くせりで、本当に良かったです。

私は何でも初めてのことをする時は、なかなか勇気が出ずに一歩踏み出せないことが多かったのですが、この仕事をしてからは初めての所に飛び込んでいくのも悪くないと思えるようになり、これ以来、仕事や趣味など様々な分野で新しいことに挑戦していってます。普通のバイトでも1日で1万円を稼ぐというのはなかなかできませんし、ましてや日払いで、働いたその日に封筒に入れてお金がもらえるというのは、当時の私にとってはとても魅力的でした。最近では交通量調査の仕事をしている人をあまり見かけませんが、もしまたこのような募集があった時は、迷うことなく応募しようと思っています。

派遣の仕事は色々な仕事をたった1日で経験することができるので、とても良い経験になります。日払い制で給料も良く、申し分ないです。私はこの交通量調査の仕事を通して、仕事の楽しさ、人の温かさ、人と触れ合うことの楽しさを学ぶことができました。何がきっかけになるかなんて分からないので、何事においても、一歩踏み出してみるのも良いことだと思います。